家具購入時の通販アドバイス


家具を選ぶときはどうしていますか?インターネットで調べますか?それとも、家具店で直接見に行きますか?家具を選ぶとき、「色々な種類を見たい、比べたい」と思っても、ゆっくり家具店やショールームを見て歩けない、という方が多いのです。そんな方たちのために、通信販売、いわゆる「通販」が便利です。カタログや、テレビショッピングも主流ですが、近年ではインターネットによる通信販売「ネットショップ」の利用度が年々増えている傾向にあります。色々な種類や好みのデザインを選び、注文し、購入することができます。同じ商品でも、販売店によって違う値段で販売されているということもあり、複数のお店の価格を比較する、という意味でも、歩き回るよりも効率が良い、と考えられます。しかし、「通販」となると、実際に現物を見たり、触れたりできないことから、不安な面もあります。実際に、通販で大きめな家具を購入したときの失敗の多くは、「部屋に搬入できない」「置けない」というものです。価格、機能性や好みのデザインももちろんなのですが、部屋の入り口や、広さのサイズは十分に確認しておく必要があります。特に通信販売では、商品到着後のクーリングオフ制度(解約)は、原則として適用されません。たいていの販売店は、自己負担の返品という形が多いようです。なので、衝動買いをして後悔しないように慎重に選ぶことが大切です。また、各販売店によって送料や、組み立て料、設置料など無料サービスか、有料か、の違いもあります。規定内容やをしっかり確認しておくことも重要です。
| 日記

アウトレット家具の買い方アドバイス


「アウトレット」の語源は「何かを放出する窓口」という意味だそうです。かつて、アメリカの郊外のブランドメーカーが、シーズンオフの商品や傷もの品など残り在庫を抱え、どうしたら有効利用できるかといったことを考え、路面店で価格を下げて販売したところ、中流階級層に大人気となったことが始まりとされています。しかし、このごろでは、アウトレットとは主に、有名ブランドメーカーがモデルチェンジを発表後、旧製品の在庫を格安で提供することを言います。他にもサンプルとして少量輸入された商品、カタログ撮影や展示などに使われた商品、傷もの、ダンボールやパッケージなどに傷があり、新品の商品として販売出来ない商品やB級品などもあります。アウトレットに馴染みがないと「中古品?」と思う人も少なくありませんが、決して「使い古し」ではなく、製造からの期間が経っているだけのことで、ものは新品です。家具のアウトレットは工場や展示場のイベント・フェスタなど、いわゆる「即売会」が催されます。価格も安く、複数の種類を見比べられるメリットがあり、期間中は送料無料など得点も多く好評です。会場の参加に招待状が必要な場所もありますが、「無料招待券の申し込み」や、開催日時などの情報はインターネット上で記載されています。また、事前にお部屋の間取り図とサイズのチェックや、玄関幅、階段など多方面の導線を測っておく必要があります。そして会場に行くときはメジャーを会場に持っていくこともポイントです。
| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。