間接照明とは?


間接照明とは「直接光源が見えない、壁や天井など建築物の躯体に光を当て、反射光で室内を照らす照明」のことを指します。

物を見るためではなく「空間を見せるための光」、それが間接照明です。間接照明の光はまぶしくない柔らかな光となるので、特にリラックスしたい場所で本領を発揮します。
例えば、寝室やリビングでは、間接照明を低い位置に設置することがおすすめです。

他の家具も低めにして部屋の重心を低い位置に置くことで、圧迫感のない落ち着いたくつろぎの空間を作りだすことができます。
光を壁に当てることで天井は高く感じられ、結果として部屋は広く見えます。また、部分的に照らすことで明るさの濃淡を作り、部屋を立体的に見せることができます。

住宅事情の悪い日本でも、間接照明を効果的に使うことで、空間を広々と感じさせることができるのです。一つの照明で部屋全体を照らす方法よりも多様な空間演出が楽しめる点も、間接照明の魅力です。

見せたいものをより引き立てる効果もあります。観葉植物にはスポットライトを使って、下から上へのアッパーライティングをすると、影が効果的にできます。自然界では下から上へと光が当たることはないので、アッパーライティングにより非日常的、幻想的な雰囲気が生まれます。

デッドゾーンになりがちな部屋の隅に置くと、空間に広がりが出てきます。壁に飾った絵画をスポットライトで照らしても、立体感が生まれて素敵です。
タグ:間接照明
| 日記

インテリアは照明がすべて!


照明には、日常生活を送るための明かりと演出という2つの役割があります。インテリアアイテムの中でも比較的安価で、効果が非常に高いのが照明の特徴です。手間やお金をかけたくないという時にも、照明を使った模様替えというのは最適です。まず、蛍光灯と白熱灯の違いを見てみます。蛍光灯は鮮やかな白色で、影ができにくく、室内を明るく照らします。白熱灯よりも消費電力が少ないため長く使うことができ、長時間点灯するリビングなどに向きます。一方白熱灯は印象が暖かく、趣のある空間を作り出すことができます。リビングや寝室など、雰囲気を大切にしたい所に生かしたい照明です。では、場所に合わせた照明選びのポイントです。ダイニングには、料理が美味しそうに見える白熱灯の光が効果的です。家具や食器をアースカラーで揃えれば、なお統一感が出ます。明るく楽しげな雰囲気を出したい時は蛍光灯がよいでしょう。リビングの照明は明るくしてしまいがちですが、あまり眩しすぎると気が休まりません。テレビやパソコンの画面の光が悪目立ちしない程度の照明が理想的で、具体的には10畳の部屋で100Wぐらいの照明を目安にします。トイレやバスルームは60Wの照明がよいといわれています。バスルームには白熱灯が適しているでしょう。蛍光灯では肌が青白く見えてしまいます。玄関は、疲れて帰宅した時、またお客さんを迎える時に入り口となる場所です。明るいイメージにしましょう。
| 日記

インテリアの演出で物を置かない


心から大切に思える家具やモノに出会えるまで決して妥協をしない、「コレは要らない」宣言をして潔く暮らすことをお薦めします。くつろぐならソファ、団らんにはダイニングセット、おもてなしのティーセットにはカップボード…という具合に、暮らしのシーンと家具を結びつけて考えていると、人のためではなく家具のために部屋があるような本末転倒の結末に。居心地の良い部屋って何?その原点を見失ってしまいます。また、モノに占有されないためには、自分の居場所をきっちり決めることです。居場所を明らかにするのに、床の素材に関わらず、床にラグを広げることがお薦めです。部屋の広さにもよりますが、ラグの大きさは畳1枚分くらいは欲しいところ。畳サイズより少し大きめの140cm×200cm前後のものが市販されており、このサイズなら寝ころんでも周囲に余裕が残ります。床に広げたラグの上には椅子やソファを置かず、床としていつでも使えるようにします。ここで身体を横たえたり座ったりしますが、ここだけは絶対に散らかさない場所に。本や雑誌を読んだりCDを聴いたりお茶を飲んだり、くつろぐとともに置かれるモノは、出掛ける前や寝る前、友人が来る前に必ず片付ける。ラグのある場所を中心に片付けるルールは、次第に清々しい習慣になっていくはずです。まずは自分の好きな居場所からすっきり!を実感する。それも新生活の一つではないでしょうか。
| 日記

インテリアで雰囲気を変えてみよう!


模様替えですが何を重視すればよいでしょうか?
部屋の雰囲気は飾る・置くインテリアで変わるものです。
家族も自分も暖かい雰囲気で落ち着ける空間をつくるのが理想的でしょう。
色は2〜3色程度に絞ると統一感がでます。同系色のグラデーションで全体のインテリアにまとまりをもたす事ができます。

照明は最も重要なインテリアアイテムです。照明を変えることで、部屋の雰囲気も大きく変わります。
蛍光灯の家は白っぽく、白熱灯の家はオレンジ色に輝いています。白熱灯は印象が暖かく、趣のある空間を作り出すことができます。

リビングや寝室など、雰囲気を大切にしたい所に生かしたい照明です。明るく楽しげな雰囲気を出したい時は蛍光灯がよいでしょう。

リビングの照明は明るくしてしまいがちですが、あまり眩しすぎると気が休まりません。間接照明は光を一度壁や天井に当てて反射させるもので、やわらかな光で照らすため、落ち着いた雰囲気を醸し出します。

観葉植物にはスポットライトを使って、下から上へのアッパーライティングをすると、影が効果的にできます。自然界では下から上へと光が当たることはないので、アッパーライティングにより非日常的、幻想的な雰囲気が生まれます。大きなフロアスタンドを利用した間接照明は、優しい光で部屋の雰囲気を演出してくれます。

また、ナチュラルな木の素材を使った家具を中心に、自然素材の小物やファブリックなどのインテリアを使うと、明るくぬくもりのあるくつろいだ雰囲気の空間をつくりだすことができます。
| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。