お値段以上ニトリの家具♪


株式会社ニトリって有名な家具屋ですが、株式会社ニトリは、北海道札幌市に本社をおき、北海道から九州・沖縄まで全国に店舗を展開する、家具とインテリア・生活雑貨の大型専門店です。ほとんどの商品は、企画から原材料選び、製造、物流、販売までを自社で行い、他社との差別化を図っています。学習机の販売数は年間で7万7千台。全国シェアの10%を占め、日本一となっています。

ニトリの業務形態は、ホームファニシング(家具+ホームファッション)と呼ばれます。各店舗は、家具・インテリアを中心とした「ホームファニチャー」と、ファブリック・雑貨と日用品、家庭用品を中心とした「ホームファッション」で構成されています。
リビング・ダイニング・寝室、そしてキッチン・バス・トイレで使われる日用品に至るまで、種別・素材を超えたコーディネートがなされています。1軒の家すべての空間をトータルでコーディネートするという商品構成思想に基づいているのです。また、開放感のある店舗では、部屋のイメージをつけやすいよう、家具やインテリアは、カジュアル・モダン・クラシック・カントリーなどのタイプ毎に、モデルルーム形式で展示してあります。

タグ:ニトリ
| 日記

家具購入時の通販アドバイス


家具を選ぶときはどうしていますか?インターネットで調べますか?それとも、家具店で直接見に行きますか?家具を選ぶとき、「色々な種類を見たい、比べたい」と思っても、ゆっくり家具店やショールームを見て歩けない、という方が多いのです。そんな方たちのために、通信販売、いわゆる「通販」が便利です。カタログや、テレビショッピングも主流ですが、近年ではインターネットによる通信販売「ネットショップ」の利用度が年々増えている傾向にあります。色々な種類や好みのデザインを選び、注文し、購入することができます。同じ商品でも、販売店によって違う値段で販売されているということもあり、複数のお店の価格を比較する、という意味でも、歩き回るよりも効率が良い、と考えられます。しかし、「通販」となると、実際に現物を見たり、触れたりできないことから、不安な面もあります。実際に、通販で大きめな家具を購入したときの失敗の多くは、「部屋に搬入できない」「置けない」というものです。価格、機能性や好みのデザインももちろんなのですが、部屋の入り口や、広さのサイズは十分に確認しておく必要があります。特に通信販売では、商品到着後のクーリングオフ制度(解約)は、原則として適用されません。たいていの販売店は、自己負担の返品という形が多いようです。なので、衝動買いをして後悔しないように慎重に選ぶことが大切です。また、各販売店によって送料や、組み立て料、設置料など無料サービスか、有料か、の違いもあります。規定内容やをしっかり確認しておくことも重要です。
| 日記

アウトレット家具の買い方アドバイス


「アウトレット」の語源は「何かを放出する窓口」という意味だそうです。かつて、アメリカの郊外のブランドメーカーが、シーズンオフの商品や傷もの品など残り在庫を抱え、どうしたら有効利用できるかといったことを考え、路面店で価格を下げて販売したところ、中流階級層に大人気となったことが始まりとされています。しかし、このごろでは、アウトレットとは主に、有名ブランドメーカーがモデルチェンジを発表後、旧製品の在庫を格安で提供することを言います。他にもサンプルとして少量輸入された商品、カタログ撮影や展示などに使われた商品、傷もの、ダンボールやパッケージなどに傷があり、新品の商品として販売出来ない商品やB級品などもあります。アウトレットに馴染みがないと「中古品?」と思う人も少なくありませんが、決して「使い古し」ではなく、製造からの期間が経っているだけのことで、ものは新品です。家具のアウトレットは工場や展示場のイベント・フェスタなど、いわゆる「即売会」が催されます。価格も安く、複数の種類を見比べられるメリットがあり、期間中は送料無料など得点も多く好評です。会場の参加に招待状が必要な場所もありますが、「無料招待券の申し込み」や、開催日時などの情報はインターネット上で記載されています。また、事前にお部屋の間取り図とサイズのチェックや、玄関幅、階段など多方面の導線を測っておく必要があります。そして会場に行くときはメジャーを会場に持っていくこともポイントです。
| 日記

インテリアコーディネーター


インテリアコーディネーターは、さまざまな顧客の要望に応えて室内のレイアウトや内装材、家具、照明などを選び、「快適な住空間」を創造するインテリアのスペシャリストです。住宅構造、インテリア構成材、室内環境、インテリア基礎、インテリア計画、表現技法、関連法規などの試験、論文など2次にわたる民間資格の取得が必要となります。建築関連の知識や経験が必要であり、その他にも建築家との渉外業務などにも行なうことがあります。インテリアコーディネーターは、建築士や現場監督、施主などたくさんの人と関わりながら、ひとつひとつ仕事を遂行していきます。そのために交渉力や協調性も、経験が必要となります。つまりインテリアコーディネーターは「人間関係のコーディネーター」でもあるわけです。消費者の予算や理想にあったものを選び、快適な空間を作る他にも、リフォーム相談、ヒアリングと現場調査、契約、工事打合せと発注業務、工程管理と工事管理、完成引渡しとアフターフォローなども主な業務となります。現在は生活スタイルに「個性」が求められる時代。自分が住む空間に強いこだわりを持つ人が増え、たいていの人は住空間への憧れがあります。ファミリー層、富裕層、高齢者、障がい者…と、それぞれでニーズも趣味も異なり、多様なパターンが求められます。それぞれの要望を具体的な形にし、お客様の満足が得られる住空間に導くのがインテリアコーディネーターの役割です。
| 日記

狭い部屋でのインテリアアイデア


部屋はやっぱり広いほういいですよね。日本の住宅は昔から「ウサギ小屋」などと欧米から揶揄(やゆ)されるほど狭いです。土地の広さや家全体だけでなく、各部屋も収納スペースも十分な広さを確保するのも難しいのが現状です。狭い部屋をいかに「広く見せる・使う」ために、空間を最大限に生かす工夫と、極力、無駄なものを処分し整頓することが先決です。好きなインテリア家具を、ただ配置していただけでは色や機能性にもまとまり感がなくなります。常にキチンと片付けた状態がベストで、インテリアは必要なもの以外は置かず、床を多く見せることが広く見せるコツです。その他にも鏡を壁に置くことによって、さらに奥があるよう、広く見せることができるといいます。また、視覚効果で「人は部屋に入った瞬間に一番奥を見る」という習性があるので、奥の壁やコーナーが暗いと圧迫感があり、部屋が狭く見ることにつながります。奥の壁やコーナーに柔らかな光の照明を置くこと、で空間に広がりを持たせることができます。色にもそれぞれ感じるイメージがあります。その色の使い方によって部屋が広く見えたり暖かく見えたりします。白は部屋を最も広く、高く見せることができ賃貸住宅にも多く利用されている色です。コーディネートする上でも、いろいろな色を使いすぎると落ち着かない部屋になりますので、例えば、広く見える白をベースカラーとすると、あとはポイントとなる色、2〜3色に抑え、トーンを統一にするのも、部屋もすっきりまとまります。
| 日記

子供部屋のインテリア


子供部屋は、幼児期、小学校の低学年、小学校の高学年以上と、成長に応じて変化していきます。目の離せない幼児期、小学校低学年の時期は、自分1人の個室よりも家族のいるリビングやダイニングなどの団欒(だんらん)の場を好みます。幼少の頃は、こうした家族のコミニュケーションも自然と育つ生活動線をつくる環境が適しています。子供が小学校高学年からそれ以上になると、プライバシーの保護や独立心の育みも考える時期でもあります。子供部屋のインテリアは、勉強机やベッドなど、部屋に合った家具選びから始まりますが、ホルムアルデヒド含有量を抑えた家具を選ぶことが優先されます。本棚など組み立て家具の接着剤に多く含まれ、体に有害な物質なので、よく確認し選びたいところです。椅子は体型に合ったものを選ばないと姿勢が悪くなり、姿勢が悪くなると視力の低下にもつながりかねません。最近ではバランスチェアなど、座りながら自然に背筋が伸びる椅子など、体にやさしいものも、素材や色なども、豊富に選べるようになりました。窓際には光がたっぷり入るようにレイアウトを整え、子ども部屋の照明は机の上のスタンドだけでなく、他の居室と同様に室内全体を明るくする全体照明も必要です。健康を優先に考えたい子供部屋では、安全なもの、長く使える丈夫で飽きのこないデザインが好ましく、カーテンやベッドカバーなど、子供の好きな色をコーディネートしてあげたいものです。
| 日記

アジアンテイストなインテリア


アジアンテイストなインテリアで纏めたお部屋も味があります。
インテリアを南国の雰囲気をイメージすると、タイ、バリ、インドネシア…など、アジア系の雑貨や家具での装いでまとめるのではないでしょうか。

アジアン雑貨、装飾品の中でもとりわけ人気があるのは、竹で出来たバンブーランプです。組み合わせた竹の隙間から柔らかい明かりがこぼれ、癒しとエスニックな空間を楽しめます。

また竹、籐素材を使った籠や、小物入れはアジアン雑貨の定番です。また、古木のベンチは、自然だけでなく、原始的な椅子本来の形や、動物を表現しており、「家具」というより「作品」とも呼べるものも多いです。

ごつごつした作りながらも、大自然のぬくもりを感じるアジアン雑貨のひとつです。アジアン雑貨とは基本的に、東南アジアその土地に古くから伝わる伝統工芸・手工芸によるものです。ジャワ更紗(さらさ)と言われている「バティック」はインドネシア伝統のろうけつ染の生地です。壁掛けや、クロス、カバーなどに使用されています。

マッドミー(女王様のシルク)と呼ばれるオールドタイシルクは、クッションカバーなどインテリア雑貨だけでなく、ブラウスとしても人気をよんでいます。四千年もの歴史を育むラオスの織り物も、壁掛けやクッションカバーとして使用されています。

アジアン雑貨はこうしてアジアの布一枚あしらうだけで独特のアロマが部屋全体を包んでくれます。アジアで生まれる様々なものに囲まれ、歴史を感じてみるのも、十分「アジアン」を満喫できるのではないでしょうか。アジアン雑貨をぜひ暮らしの一部に取り入れてみて下さい。
| 日記

北欧家具・雑貨とインテリア相性



北欧雑貨ってご存知ですか?ここでは北欧雑貨とインテリアの相性についてをご紹介します。

北欧ってどの地域かというとフィンランド・スウェーデン・ノルウェーとデンマークを併せた、スカンジナビア半島周辺の国々を北欧としています。
北欧雑貨は、北欧での暮らしの中から、飽きのこないベーシックな要素と洗練されたデザインを特徴とする独特のデザインが生まれました。

スカンジナビア半島は1年の大半が冬という極寒地区。厳しい雪と寒さのため、人々は多くの時間を室内で過ごします。
彼らは家族との団欒を何より大切にし、その時間を演出する物に対しこだわりを持っているのです。

「部屋の中を快適に、素敵に。大切な人との時間をより豊かに!」をコンセプトにインテリアや家具、雑貨に熱意を注いでいます。

北欧家具には有名家具デザイナーも数多くおり、高級家具ブランドも産出しています。
また、北欧家具は日本でも根強い人気を誇ります。北欧家具世界一のメガインテリアショップが日本に出店し、話題となりました。

北欧家具の魅力に、「シンプル&ナチュラル」という風合いが他の家具と相性が良い、ということが挙げられます。

思わず触ってみたくなるような素材感を持ち、天然素材からは温もりが感じられます。また、そのデザインは一見地味ですが、洗練され、モダンで美しくかつ機能的です。

北欧家具は飾り気がなく上品な印象も多くの人を惹きつけます。完成度が高く、親子や孫の代まで使っていけるような耐久性と、美しいデザイン性を持っています。何にでも合わせやすく飽きがこないという要素は、部屋改造や模様替えに適しています。

このような、シンプル&ナチュラルの北欧家具で、温かみのある安らぎ
のお部屋作りをしてみてはいかがでしょうか?
タグ:北欧雑貨
| 日記

インテリアのナチュラルスタイルが人気


癒されるインテリアとして、ナチュラルスタイルが人気です。

ナチュラルスタイルとは、「ナチュラル=自然、天然」の意味の通り、木の素材を使った家具を中心に、自然素材の小物やファブリックなどを使った、明るくぬくもりのあるスタイルのことを指します。

木の質感、生成りやアイボリー、ベージュといった色調を基調とし、明るくて癒される空間であるため、インテリアスタイルの中では最も人気があります。

家具は、オークやパインなどの木材を使った、無垢で木のぬくもりが感じられるもの、飾り気の少ない直線的でシンプルな形のもの、明るい色調のものが合います。

ナチュラルスタイルにはサンタフェスタイルや北欧スタイルなどの種類があります。北欧スタイルはヨーロピアンな雰囲気を持ちシンプルかつ実用性に富んだデザインです。

また、サンタフェスタイルはスペイン風の木の家具やインディゴや草木染めのコットン、テラコッタなどを組み合わせた、くつろいだ雰囲気が特徴です。

ナチュラルスタイルの部屋に欠かせないアイテムに、観葉植物があります。観葉植物を置くだけで、殺風景な部屋も明るく癒される空間になります。ただし、置き過ぎには注意が必要です。

籐のかごや木製の箱・ゴミ箱、木製の壁掛けの飾り棚などで見せる収納をしても、ナチュラルな雰囲気になります。
ナチュラルテイストの雑貨には、木製の時計や麻素材のティッシュケース、テーブルカバー、ランチョンマット、ポスターや絵葉書を飾った木製の額などがあります。

これらの雑貨をさりげなくおくことで雰囲気のあるお部屋になりますよ。

★ナチュラルテイストの雑貨一覧を見る★



| 日記

間接照明とは?


間接照明とは「直接光源が見えない、壁や天井など建築物の躯体に光を当て、反射光で室内を照らす照明」のことを指します。

物を見るためではなく「空間を見せるための光」、それが間接照明です。間接照明の光はまぶしくない柔らかな光となるので、特にリラックスしたい場所で本領を発揮します。
例えば、寝室やリビングでは、間接照明を低い位置に設置することがおすすめです。

他の家具も低めにして部屋の重心を低い位置に置くことで、圧迫感のない落ち着いたくつろぎの空間を作りだすことができます。
光を壁に当てることで天井は高く感じられ、結果として部屋は広く見えます。また、部分的に照らすことで明るさの濃淡を作り、部屋を立体的に見せることができます。

住宅事情の悪い日本でも、間接照明を効果的に使うことで、空間を広々と感じさせることができるのです。一つの照明で部屋全体を照らす方法よりも多様な空間演出が楽しめる点も、間接照明の魅力です。

見せたいものをより引き立てる効果もあります。観葉植物にはスポットライトを使って、下から上へのアッパーライティングをすると、影が効果的にできます。自然界では下から上へと光が当たることはないので、アッパーライティングにより非日常的、幻想的な雰囲気が生まれます。

デッドゾーンになりがちな部屋の隅に置くと、空間に広がりが出てきます。壁に飾った絵画をスポットライトで照らしても、立体感が生まれて素敵です。
タグ:間接照明
| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。